ピアノ教室への想い

ピアノをマスターするには、長い年月をかけ練習を積み重ねる必要があります。その課程が、少しでも楽しい夢のあるものになるようサポートするのが私の役目だと思っています。

そして

「ピアノをやっていて良かった~!」

と全ての生徒さんに思っていただけるよう、日々レッスンして行きたいと思っています。

次に、生徒さんの素敵な出来事をご紹介しましょう♪

生徒さんの素敵なエピソード

現在は中学2年生になったAちゃんが、まだピアノを始めて間も無い頃お手紙をくれました。
そこには

「コーラスをやっているお母さんにわからないところを弾いてあげられるくらいになりたい。」

と書いてありました。

私は、「何てお母さん思いの優しい子なんだろう!」と感激しました。

そしてそれから7年経った今年、

何とAちゃんはお母様の所属するコーラスが出演した音楽祭で伴奏者としてステージに立ったのです!


わからないところを弾いてあげるどころか、ピアニストまで立派につとめることになるなんて!

本番の前日に、私はAちゃん母娘に7年前の手紙を見せました。

「え~全くおぼえてない~!」とAちゃん。
「夢を実現させたじゃない~!」とお母様。

こんな瞬間に立ち会えて、私は何とも幸せな気持ちになりました。

 

 

ピアノへの関わり方は人それぞれです。

様々な思いを抱いて私の教室へ来て下さった生徒さんの人生が、ピアノを通して少しでも素敵になるようお手伝い出来れば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました